データベース検索

仮想通貨のETFとは?ETNとの違いを徹底解説

仮想通貨のETFとは?ETNとの違いを徹底解説

2018年7月、欧州最大級の証券会社フロー・トレーダーズ(Flow Traders NV)がビットコインとイーサリアムのETN(上場投資証券)の販売を準備中である、とブルームバーグが報じました。

「ついに仮想通貨のETF(上場投資信託)が承認!」と喜びたいところですが、この報道はETNについてのものです。

ETNとETF、よく似ていて間違える人がいるのも無理はありません。しかもこの2つ、中身まで似ているのです。今回は、混同されることの多いETFとETN、この両者の違いについて解説していきます。

仮想通貨のETNとは

仮想通貨,ETF,ETN

上記の報道にある、仮想通貨のETNとはどんなものなのでしょうか?これを知るには、まず基本のETNについて知る必要があります。簡単に確認していきましょう。

ETNは、指標連動証券とも呼ばれます。読んで字のごとく、ある指標に連動して動くように運用されるのが、ETNの特徴です。上記の報道で販売準備中のETNは、ビットコイン、イーサリアムとなっています。そのため、このETNはビットコイン、イーサリアムの価格に連動して動くものということになるでしょう。

ETNのメリットは?

「だったら普通にビットコインかイーサリアムを買えばよいのでは?」と思ってしまいますよね。ですが、ETNには現物の仮想通貨を買うことにはないメリットがあります。

  • 証券会社で購入可能
  • 現物を保有する必要がない
  • 信用取引ができる

このうち、重要なのは証券会社で取引ができる、という点です。仮想通貨は、取引所で口座を開設すれば、誰でも取引することができます。ハードルは低いですが、その分信頼性も低いです。実際、取引所のハッキングの被害は後を絶ちません。

「そんな所に資金を預けたくない」という人は多いのです。特に人の資金を預かる機関投資家などにとって、信頼性は重要な問題です。

しかし、ビットコインETNなら、証券会社で購入ができます。証券会社が営業するには、国の審査を通過しなければいけません。投資家保護の仕組みも整っています。仮想通貨取引所と証券会社では信頼度がまるで違うのです。証券会社で取引できるというのは、大きな意味を持つことなのです。

ETNにもデメリットはありますが、その前にETFの基本を確認しておきましょう。

仮想通貨のETFとは

ETFは上場投資信託とも呼ばれます。意味もそのままで、証券会社に上場された投資信託がETFです。ETFには「取引しやすい、運用手数料が安い、徹底した分散化によるローリスク化」という特徴があります。一般投資家、機関投資家に限らず取引しやすいというのがETFの魅力です。

まずはETNとETFの共通点について見ていきましょう。

  • 指数に連動して動く
  • 証券会社に上場されている
  • 取引所が開いている間はいつでも売買可能
  • 指値注文が可能(買いたい値段を設定できる)
  • 信用取引ができる

ETFも、指数に連動して動くのを前提にしています。証券会社に上場されており、いつでも売買可能、取引したい値段を設定できる、信用取引ができることなども共通しています。

実によく似た金融商品に思えますが、違いはどこにあるのでしょうか?次は、この点をみていきましょう。

ETNとETFの違い

仮想通貨,ETF,ETN

ETFとETNの違いをまとめると、下のようになります。

  • ETFの価格は現物で担保、ETNの価格は発行起業が保証
  • 根拠となる法律が違う
  • 償還期間が違う
  • 分配金が違う

このうち、仮想通貨で重要になるのが1になります。ETNの場合、ビットコインETNを購入したとしても、現物を受け取ることはできません。手に入るのは、ETNを売買する権利のみです。現物がないため、ETNの価格は発行企業が保証することになります。

結果として、発行企業の経営状況が非常に重要になります。万が一、発行起業が倒産ということになると、保有していたETNは価値がなくなってしまいます。ビットコインETNの価格を保証していたのは、発行企業です。補償していた企業がなくなると、価格を支えるものもなくなります。結果的に、ENTの価値は下落していきます。

この信用リスクは、ETN独自のものです。このリスクがあるがゆえに、ETNはETFよりハイリスクなものになっています。

ただ、この点にはメリットもあります。ETNの価格は発行企業が保証するため、基本的に指標とETN価格はリンクします。

一方のETFの場合、ビットコインETFを買えば、現物を受け取ることができます。仮にETFの発行企業が倒産したとても、現物を持っていれば、それを売却することで資金を回収することができます。ETFでは、発行企業の信用リスクを気にする必要はありません。

しかし、ETFでは、現物で指標価格との連動を計ることになります。当然ですが、この2つは完全にリンクはしません。指標に対してETN価格が高くなったり安くなったりという場合があります。

仮想通貨のETFで問題にされるのは、この点です。価格の動きの大きい仮想通貨にETFは本当に連動できるのか、疑問視されているのです。

仮想通貨ETFが待ち望まれる理由

仮想通貨ETFは、市場参加者から承認を待ち望まれています。2017年にウィンクルボス兄弟が申請を行って以来、何度も申請、却下という動きが繰り返されています。そして、そのたびに申請への期待から価格上昇。否決され、失望感から価格低下という動きも繰り返されています。

なぜ、仮想通貨業界の人間は仮想通貨のETFを待望しているのでしょうか?

ETFは証券会社に上場された投資信託です。投資信託は分散投資が徹底され、プロに運用されているというのが特徴です。投資信託を証券会社に上場すると、取引のしやすさ、指標連動によるさらなるローリスク化ということが可能になります。

また、証券会社に上場されるというのは、厳しい審査を通過したということになり、それだけで信用性が増すものです。結果として、ETFは個人投資家、機関投資家が好んで投資を行う金融商品になります。

現状の仮想通貨は、まだ一般的な金融商品とは言えません。リスクを嫌う人や機関投資家はほとんど仮想通貨に参入していません。銀行、金融のプロが仮想通貨を否定する声は、いまだ大きなものがあります。

しかし、仮想通貨がETF化されれば、この状況も変わるのでは?という期待がもたれているのです。

仮想通貨ETNでは駄目なのか?

話題になるのはETFばかりですが、ETNでは機関投資家の参入は望めないのでしょうか?

先述したように、ETNには独自のリスクがあります。価格を保証するのが発行企業というのは信用リスクです。仮に倒産しなくても、経営が危ないという噂だけでも価格下落のリスクが出てきます。これはETFにはないリスクです。ETNには独自の信用リスクがあるという点が、ETFとETNの期待の差になって表れています。

ETN化でETFが促進されるのか?

この点に関しては、現状なんともいえません。前述のようにETNとETFは共通する部分が多いです。ETNがよいならETFも、という期待の声が上がるのは自然に思えます。しかし、仮想通貨のETFは、そう簡単にはいかなさそうです。

ETFが上場されるには厳しい承認条件があります。条件の中に、指標と近い値動きが保証されねばならない、という項目もあります。ETNの場合、これを保証するのは証券会社です。価格は発行企業が保証すれば簡単に指標価格と連動できます。

ですが、ETFの場合は現物でこれを実現しなければいけません。仮想通貨の値動きの激しさはご存知のとおりです。これに連動させる現物の運用が本当に可能なのか?この疑問に答えが出ない限り仮想通のETF化は難しそうです。

まとめ

仮想通貨のETNとETFの違いをまとめると以下のようになります。

ETN
・仮想通貨ETNは上場投資証券
・指標に連動して動き、その裏付けは発行企業による
・信用リスクがあるためハイリスク
ETF
・仮想通貨ETFは上場投資信託
・指標に連動し、価値の裏付けは現物による
・リスクは低い

ETNとETFの最大の違いは、何をもって価値の裏付けを行うかという点です。発行企業が価値を保証するETNは、指標と価格の連動という問題が解決可能です。そのおかげで、仮想通貨のETNは近々実現しそうです。

しかし、これと同時に企業に対する信用リスクも生まれてしまいます。この点がETNとETFの最大の違いであり、両者の注目度に格段の差がつく理由でもあります。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで