データベース検索

bitbank Tradeでレバレッジ取引をするには?口座開設方法も解説

bitbank Tradeでレバレッジ取引をするには?口座開設方法も解説

「ビットバンクでレバレッジ取引をしたいけど、やり方が分からない」「ビットバンク(bitbank)のほかにも、ビットバンクトレード(bitbank Trade)があるみたいだけど違いは・・・?」などと、ビットバンクでのレバレッジ取引のやり方に悩んでいませんか?

実は、ビットバンクはレバレッジ取引のやり方が少し分かりにくくなっています。なぜなら、通常は1つの取引所で「レバレッジなし」と「レバレッジあり」が選べますが、ビットバンクでは、「ビットバンク」(レバレッジなし)と「ビットバンクトレード」(レバレッジ取引)と、取引所そのものが別になっているからです。

つまり、「ビットバンクではレバレッジ取引はできない」ということになります(ビットバンクトレードを利用します)。そこで今回は、ビットバンクトレードでレバレッジ取引をするためにはどうすればいいのか解説します。最後までお読みいただくことで、モヤモヤが解消され「こういうことだったのか!」と理解できるはずです。早速、見ていきましょう。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)とは?

ビットバンクとよく似たサービスに「ビットバンクトレード」があります。この2つ、まったく同じ取引所だと思っている方も多いのではないでしょうか。厳密には別々の取引所であり、以下のような違いがあります。

ビットバンク
現物取引(レバレッジなし)のみに対応。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)の計6種類に対応。
ビットバンクトレード
ビットコインFX(レバレッジあり)に対応。取り扱い通貨はビットコイン(BTC)のみ。レバレッジ最大20倍。

ビットバンクとビットバンクトレードは運営会社が同じなので、姉妹サービスではありますが、このようにまったく別々の投資手法に対応しています。ビットバンクとビットバンクトレードへの登録も、それぞれ別々に行う必要があります。ビットバンクへ登録すれば自動的にビットバンクトレードも利用できるわけではないため、注意しましょう。

ビットバンクトレードは追証(おいしょう)一切なし!

追証とは、レバレッジをかけた状態で大きな含み損を抱えた際、取引所から求められることがある追加の「証拠金」のことです。レバレッジを利用している場合、大きなポジションで取引しているため、損失が元手を上回ることがあります。場合によっては、支払えないほどの高額の追証を求められるケースも(理論上は)あるということになります。ビットバンクトレードなら、独自の仕組みにより、追証が求められることは一切ありません。

つまり、レバレッジをかけたロング(買い)でもショート(売り)であっても、あらゆる取引の損失は決して元手を上回ることはない、ということ。これはすべてのトレーダーにとって注目すべきポイントと言えるでしょう。

ビットバンクトレードならレバレッジ手数料がゼロ

ビットバンクトレードのもう1つの注目ポイントは、レバレッジ手数料が発生しないこと。通常、レバレッジをかけたポジションを日をまたいで取引すると、取引手数料とは別に1日ごとのレバレッジを手数料を支払う必要があります。(取引所によりますが、平均0.04%/日ほどのことが多い)。

しかし、ビットバンクトレードではレバレッジ取引を長期保有しても、一切レバレッジ手数料は発生しません。これは、国内の取引所ではビットバンクトレード“のみ”の仕様。デイトレードだけではなく、スイングトレード、長期投資など、長いスパンで保有することがあるなら、ビットバンクトレードが最有力候補となるでしょう。

また、長期投資の観点からいえば、ビットバンクトレードの証拠金維持率が20%(国内最低クラス)という仕様も有利に働くため、なおオススメです。

ビットバンクトレードのレバレッジ取引所の口座開設方法

それではここからは、ビットバンクでのレバレッジ取引のやり方についてご説明します。冒頭でご説明したように、「ビットバンク」はレバレッジ取引に対応していないため、「ビットバンクトレード」に口座開設を行いましょう。

中には「口座開設のやり方がわからない」という方もいると思いますので、ビットバンクトレードの口座開設のやり方(手順)をご説明します。

まず、ビットバンクトレード公式サイトへアクセスします。すると下記画面となりますので、①お持ちの「メールアドレスを入力」し、②好きな「パスワードを入力」します。

③「『私はロボットではありません』にチェック」をしたら、④「登録をクリック」しましょう。

続いて下記画面で、①「3つの項目にチェック」をし、②「利用開始をクリック」します。

さて、ビットバンクトレードからのメールが送信されます。メールを受信したら、記載されているURLをクリックしましょう。すると下記画面となりますので、①好きな「取引パスワードを入力」します。この取引パスワードは、上記のログインパスワードとは別のものを入力してください。引き続き、②「パスワードを再入力」し、③「登録するをクリック」します。

するとビットバンクトレード登録が完了し、以下のようにログイン後の画面となります。ただし、登録しただけではすぐに取引を始めることはできないので、ビットコインを入金する方法も解説します。ビットバンクトレードでは、日本円の入金には未対応で、入金はすべて「ビットコイン」にて行います。以下、そのやり方となります。

まず、以下の画面右上の「入出金をクリック」し、BTC預入を選択しましょう。

すると下記画面が表示されますので、赤枠部分に記載のビットコインのアドレスに対し、お使いの取引所からビットコインを送金しましょう。(誤って入金されないようボカシを入れています)

ビットコインの入金が完了したら、すべての手続きが完了。ビットバンクトレードでレバレッジ取引をする準備が整いました。さっそくレバレッジ取引を開始してみましょう!

まとめ

ここまでビットバンクトレードでのレバレッジ取引のやり方についてご紹介しました。このように、ビットバンクではレバレッジ取引ができず、ビットバンクトレードで対応することになります。さてビットバンクトレードは、以下のように、メリットの多い取引所です。

  • レバレッジ取引で損失を出しても追証は一切発生しない
  • レバレッジ取引なのに、日をまたいで保有しても手数料ゼロ(レバレッジ手数料)
  • 証拠金維持率が20%と国内随一の低さで、ロスカットに引っかかりにくい

まさにレバレッジ取引に最適な取引所に仕上がっています。ちなみにビットバンクトレードを使うためには、他の取引所からビットコインを送金する必要があります。現物取引に対応した「ビットバンク」、もしくは「GMOコイン」「BITPoint」「DMM Bitcoin」などの取引所口座をお持ちでない方は、合わせて登録しておきましょう。ビットバンクトレードには、ビットバンクと連携できる機能があるので、イチオシは「ビットバンク」です。少し複雑な仕組みですが、この記事が理解の助けとなれば幸いです。

bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!
bitbank(ビットバンク)なら全ペア取引手数料無料キャンペーン中!