データベース検索

イーサリアム購入の注意点は?口コミ・レビューまとめ

イーサリアム購入の注意点は?口コミ・レビューまとめ

現在、ビットコインに次ぐ仮想通貨として注目を集めているイーサリアム。
イーサリアム(Ethereum、ETH)とは元々は仮想通貨の名称ではなく、将来性が期待されている分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームのことです。イーサリアム上で、保険や株、不動産の金融取引や契約の他、DApps(分散型)ゲームもできるということで、大企業以外にも多くの人から注目されています。

そんなイーサリアムの時価総額はビットコインに次ぐ第2位。今回はイーサリアムを購入する時の注意点と人気のある購入先の口コミ・レビューをご紹介します。

注意!イーサリアムの購入先は2つある

イーサリアムの購入方法は、販売所か取引所で購入するのが現在は一般的です。販売所と取引所、よく似ていますがこの2つの違いを知らないままで購入すると、高値で購入してしまう可能性も高いです。イーサリアムを入手する際は、この2つの違いを理解してから購入を進めていきましょう。違いをざっくり説明すると以下となります。

販売所
特徴:運営会社からイーサリアムを購入する
メリット:初心者でも簡単な手順で購入ができる
デメリット:スプレッドが発生するので手数料が高い
取引所
特徴:ユーザー同士がイーサリアムを直接売買する
メリット:仲介業者が入らないので、スプレッドがかからず安く購入できる
デメリット:状況によっては注文が通るのに時間がかかる

それぞれにメリット・デメリットがありますが、仮想通貨初心者で早く簡単に購入したいという人は、販売所で購入するのがベストだと思います。しかし、少々手間がかかっても手数料を抑えたい人は、取引所での板取引が一番おすすめです。

人気販売・取引所の口コミ・レビューまとめ

続いて人気・評価の高い販売・取引所を口コミ・レビューとともにご紹介します。

GMOコイン

東証一部にも上場しているGMOインターネットのグループ会社・GMOコイン。販売所なのでスプレッドはありますが、基本的な売買手数料・入出金手数料が無料で、口座開設スピードの早さには定評があります。

デメリットとして、やはりスプレッド幅がかなり広いという口コミが多く見られました。

購入前にスプレッド幅をよく確認しないと、購入した瞬間に損をする可能性も高いです。GMOコインには、仮想通貨FX取引ができる口座も開設できます。こちらのスプレッドは比較的狭め。GMOクリック証券のノウハウを活かした高性能な取引ツールで取引で使い勝手はいいようです。

現在、GMOコインでFX取引できる銘柄は、イーサリアムを含め5銘柄になっています。

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)

SBIVC(SBIバーチャル・カレンシーズ)

取引スピードが早く、簡単に購入できるというメリットのある販売所からの購入。スプレッド幅が大きなネックとなっているのが現状ですが、ネット証券の大手SBIホールディングスが仮想通貨販売所に参入することとなり、現在のユーザーが不利になる高スプレッドビジネスに一石が投じられる可能性があります。

SBIホールディングスの北尾社長は、現在の仮想通貨販売所の利益優先な高スプレッドに疑問視をしており、最低スプレッドで運用していく意向を示しています。現在SBIバーチャル・カレンシーズは、ビットコインのみの取り扱いとなっていますが、イーサリアムも順次取り扱う予定となっています。低い手数料でイーサリアムの取引ができる販売所として大きな期待が寄せられています。

bitFlyer(ビットフライヤー)

販売所も取引所もあるのがbitFlyer。2014年にサービスを開始し日本最大規模の仮想通貨取引所となっています。コールドウォレット・マルチシグ化・2段階認証を他社よりもいち早く導入しており、万が一不正ログインされた時にも、不正ログイン補償サービスで紛失金を補填でき、セキュリティの高さが評価されています。

取引規模が大きく、セキュリティ面でも評価の高いbitFlyerですが、送金にかなり時間がかかるとの口コミが見られました。

購入後に送金をする予定がある場合は、bitFlyerの選択は慎重に検討した方がよさそうです。bitFlyerは、2018年6月の金融庁からの業務改善命令により、現在は新規受付は一時停止中です。7月末には受付再開となるのではないかとの見方があります。

bitbank(ビットバンク)

販売所ではなく、すべて自分が指定した価格で取引できる「取引所」が主体となっているbitbank.cc。売主と買主の直接取引なのでスプレッドもなく、今なら仮想通貨交換業登録記念として板取引手数料が2018年9月30日まで無料と、さらにお得に購入することができます。

ただ、bitbank.ccでイーサリアムを買うには、直接日本円で購入するのではなく、ビットコインでの購入となります。この点は、GMOコインやbitFlyerと比べて、計算や手間がかかるので難点とも言えます。

https://twitter.com/15_24_31_32_52/status/963260179897708546

イーサリアムにはスマートコントラクト特有の脆弱性があるため、bitbank.ccは、現状では一番ベストな保管方法とされる非マルチシグのコールドウォレット(オフライン)で管理をしています。bitbank.ccは、今後イーサリアムのマルチシグ化に向けて独自にリサーチを進めていることも公表しており、こういったセキュリティ面に対する誠実な姿勢を評価をしている口コミも多いです。

板取引とビットコインでの購入と言う多少の手間はかかりますが、コールドウォレットでの保管と手数料の安さを考えると、bitbank.ccでのイーサリアム購入はかなりおすすめです。

まとめ

イーサリアムを購入する時の注意点として、どの取引・販売所から購入するかをよく見極めることがその後に損をするのか、売却益を得られるかの分かれ道となります。取引・販売所のサイトでは、基本的にはメリットとなることしか書いていないので、実際に購入した人の口コミやレビューを見てデメリット部分も知っておくことが大切です。

QUOINEX