データベース検索

ビットコインスタッシュ(BSV)とは?特徴から「買い方」まで徹底解説

ビットコインスタッシュ(BSV)とは?特徴から「買い方」まで徹底解説

「ビットコインキャッシュから分裂した『ビットコインスタッシュ』(BSV)が気になる」

「『非中央主権的』な性質を持つ、スゴい仮想通貨だと聞いたんだけど・・・」

と、ビットコインスタッシュに興味を持つ方が増えてきています。

ビットコインスタッシュは2018年11月15日に誕生した新しい仮想通貨なので、ネット上の情報が少なく、情報収集に苦労している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ビットコインスタッシュとはどんな仮想通貨なのか?について徹底解説!

また、ビットコインスタッシュはどこで購入できるのか(買い方)についてもご紹介します。

ビットコインスタッシュ(BSV)とは?

名称 ビットコインスタッシュ/ビットコインSV
表記 BSV/BCHSV
発行上限枚数 2100万枚(ビットコインと同じ)
アルゴリズム Proof of Work
備考 ビットコインキャッシュから分裂して誕生

ビットコインスタッシュ(BSV)は、ビットコインキャッシュ(BCH)から分裂(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨です。

ビットコインキャッシュもビットコイン(BTC)から分裂したコインなので、ビットコインスタッシュは「分裂したコインがもう一度分裂した」ということになります。

下記は2018年11月9日~12月16日までのBSVの価格チャートになります。

ビットコイン価格に連動し、直近の価格は低迷していますが、一時はビットコインキャッシュを上回る時価総額を記録しました。

ビットコインスタッシュ(BSV)こそ真のビットコイン?!

ビットコインスタッシュは、なぜビットコインキャッシュから分裂したのでしょうか。

それは、もともと一枚岩だった「ビットコインキャッシュ」コミュニティが、今後の「仮想通貨のあり方」や「運営方針」をめぐって2つの派閥に対立してしまったからです。

  • ビットコインスタッシュ派:「ブロックサイズを拡大し、仮想通貨取引量が増える将来に将来に備えるべき」論を唱える。リーダーはクレイグ・ライト氏
  • ビットコインABC派:「クロスチェーン技術を実装することで、より新しく、利便性の高い仮想通貨にすべき」論を唱える。リーダーはジハン・ウー氏

ビットコインABC(現ビットコインキャッシュ)が実装するクロスチェーンは、利便性は高まるものの、仮想通貨にあってはならない「中央集権的」な性質を持ってしまいやすいデメリットがあります(中央集権的とは、特定の誰かに通貨の権限が集中すること)。

それに反対するのが、ビットコインスタッシュ派です。

「誰の手にも支配されない非中央集権的な仮想通貨をなるべく守り、アップグレードはブロックサイズ拡大に留めるべき」としています。

この方針により、ビットコインスタッシュは本来の「ビットコイン」(ビットコインキャッシュではない)に近い形を維持し、しかも仮想通貨の取引量が増大した将来には、ビットコインよりも大量の取引を処理できる性質を持っています(スケーラビリティ問題の克服)。

これは多くの仮想通貨に見られない性質であり、取引量が増大した将来、高く評価されるのではないかという楽しみを残しています。

ちなみに、BSV派のトップであるクレイグ・ライト氏は、ビットコインを開発した「ナカモトサトシ」なる謎の人物は、実は自分なのだと主張しています。

それがもし本当なら、ビットコインスタッシュこそ「真のビットコイン」と言えるかもしれません。

ビットコインの買い方は?海外の取引所を使おう

ここからは、ビットコインスタッシュ(BSV)の買い方について解説します。

結論、日本の取引所ではビットコインスタッシュを買うことができないため、海外の取引所を使うことになります。

「なんだかハードルが高そうだ」と思うかもしれませんが、全くそのようなことはありません。

どうすればビットコインスタッシュを買うことができるのか、見てみましょう。

バイナンス(Binance)での購入がベスト

ビットコインスタッシュを購入できる取引所は世界各地に存在しますが、規模が大きく、日本人利用者が多い定番の取引所としては、以下の3つが挙げられます。

  1. バイナンス(Binance)
  2. ビットトレックス(Bittrex)
  3. ビットフィネックス(Bitfinex)

どの取引所でもBSVを買うことができますが、当記事でのオススメは断然「バイナンス」です。

なぜなら、世界中のビットコインスタッシュ取引の約35%はバイナンスから行われており(2018年12月16日現在)ダントツの世界1位。

「取引が約定しにくい」「価格が乖離してしまう」といった心配がほとんどありません。

また、バイナンスはビットコインスタッシュに限らず、すべての通貨を合計した取引量でも世界1位であり(2018年12月16日現在)、本格的な仮想通貨投資に必須の取引所となっています。

ビットトレックスやビットフィネックスでしか買えない通貨が欲しい、などの特別な理由が無い限り、バイナンスへの登録をオススメします。

バイナンスの登録方法は?

海外取引所を始めて登録する方からすると、英語サイトに戸惑いを感じるかもしれません。しかし、実際はとてもカンタンです。

まず、バイナンスの公式サイトにアクセスします。

右上に小さく表示されている「Register」(登録)をクリック。

すると下記画面が表示されますので、「メールアドレス」「パスワード」などを入力し、「I agree to Binance’s Terms of Use」(利用規約に同意)にチェック。

最後に、「Register」(登録)をクリックしましょう。

入力したアドレスにメールが届きますので、リンクをクリックすれば登録完了です!

ビットコインスタッシュの買い方【まとめ】

今回は、誕生したばかりの仮想通貨「ビットコインスタッシュ(BSV)」の買い方について徹底解説しました。

ビットコインスタッシュは、本家のビットコインキャッシュ(BCH)の時価総額を上回ることもあり、実力を備えた仮想通貨です。

新しい通貨だけにまだ知名度はそれほど高くはありませんが、裏を返せば「チャンス」ということ。

この機会にビットコインスタッシュをいち早く入手してみましょう。

QUOINEX