データベース検索

価格相場が無い仮想通貨「ステーブルコイン」の特徴・メリットデメリット・将来性

価格相場が無い仮想通貨「ステーブルコイン」の特徴・メリットデメリット・将来性

仮想通貨が登場してから、その普及の足かせとなってきた「価格の上げ下げ」。ビットコインを安い時に買って不動産を買ったなんて話もありますが、実際には価格の乱高下が続いていて、実際に決済などで使うにはまだまだ不安定と言わざるを得ません。

そこでここ最近注目されているのが「ステーブルコイン」です。今回はステーブルコインの特徴やメリット・デメリット、将来性などについて解説させていただきます。

ステーブルコインの特徴とは?

ステーブルコインとは「価格相場が無い仮想通貨」というと分かりやすいでしょう。

良くも悪くも最も有名なステーブルコインの一つに「テザー」があります。ただ、このテザーは下記の記事でも解説しているとおり、評判はもちろん、様々な疑惑が持たれており怪しい仮想通貨の代名詞のようにもなっています。

価格操作!?ビットコイン暴落を招いたとされるテザー(Tether)の疑惑まとめ

そんなステーブルコインは別名で「ペッグ通貨」とも呼ばれています。テザーが怪しいと言われるのは、その運営方法が原因ですので、ステーブルコイン自体が怪しいわけではありません。ステーブルコインは仮想通貨ならではの特徴を持っており、大きく分けて3種類存在します。

法定通貨担保型
ドルや円などの法定通貨と同等の価値を持つ仮想通貨
仮想通貨担保型
イーサリアムなどの仮想通貨を担保として発行できる仮想通貨
無担保型
担保がない代わりに意図的に価格を安定させる仮想通貨

少しわかりにくいと思いますので、次章で詳しくご説明します。

ステーブルコインの種類を分かりやすく解説

ステーブルは「安定」を意味し、ペッグは「レートを一定に保つこと」を指します。つまり、何らかの方法でその価値を担保してないといけません。では、どのようにしてステーブルコインは価値を担保しているのか見てみましょう。

法定通貨担保型

何かと扱いづらい法定通貨とステーブルコインを交換するイメージ。例えば法定通貨を10預けたら、10のステーブルコインと交換してもらえますが、ステーブルコインに用が無くなって保有するステーブルコインを取引所に返せば、同じ数の法定通貨が戻ってきます。取引所の持つ法定通貨と市場に出回っているステーブルコインの量は一定ということです。

もしステーブルコインを既に使ってしまっていても、ステーブルコインは市場に出回っていますので、いずれ取引所に返されて取引所が法定通貨を持ちすぎることもありません。予想以上に仮想通貨の人気が高まった場合は、新たに仮想通貨を発行すれば良いので、常に「法定通貨量=ステーブルコインの量」は同じだけ存在するということで価値の安定を保っています。

仮想通貨担保型

法定通貨ではなく仮想通貨とステーブルコインを交換するイメージ。仮想通貨とステーブルコインを同じ量だけ交換するため、法定通貨担保型と仕組みは同じです。しかし、交換する仮想通貨自体の価格が不安定なため、広く認知されたイーサリアムなどの安定的な仮想通貨で運用する必要があります。

無担保型

分かりやすく例えると、日本銀行が発行するお金の供給量をイメージ。市場に出回るステーブルコインが多くなり過ぎた場合は供給量を減らします。逆にステーブルコインが少なくなり需要が高まったら新たに発行します。既存のお金と全く同じで、供給量の調節で価値を保つのが無担保型です。

詳しくは後ほど解説しますが、価格の変動がなく安定しているということは実際の決済に向いており、送金スピードやキャッシュレス化を仮想通貨の特徴で実現することも可能です。

今のところ、第三者の権限に依存せず現在の法定通貨と同じ仕組みであることから、無担保型が最もステーブルコインの普及に繋がる可能性が高いと言われています。

ステーブルコインのメリット・デメリット

ステーブルコインの仕組みや種類が分かると「なんでわざわざ、こんなに面倒な仕組みを?」と思われるでしょう。しかし、ステーブルコインは仮想通貨の特徴を持ちながら「お金として使える」もの。そこで、ステーブルコインならではのメリットデメリットを見ながら、その将来性を考えていきましょう。

メリット デメリット
・価格が安定しているため決済に利用できる
・経済情勢に左右されないため資産の退避先になる
・送金スピードや簡単に決済できるなど利便性が高い
・運営母体がある限り中央集権になる
・担保型は本当に担保があるのか不明
・普及していない為実際に使用できる場面が少ない
・盗難や紛失などの補償がない

ステーブルコインならではと言いましたが、ある意味では現行のお金の不便さを解消しつつも、デメリットは既存の法定通貨と似ている部分もあります。そう考えると「退避先になる」「利便性が高い」という2点こそ、ステーブルコインならではのメリットと言えるかもしれません。

ステーブルコインの将来性を考える

まだまだ普及されていないステーブルコインですから、法定通貨よりもリスクは高めです。とはいえ、便利に使える電子マネー代わりにもなるようなら早く普及してもらいたいと思われる方も多いでしょう。

では一体、いつになったらステーブルコインが普通に使われるようになるのでしょうか。

実は最近、Bitcoin.comが報じた金融庁の「ステーブルコインは仮想通貨ではない」というコメントが注目集めています。コメントの主な内容は以下の通りです。

・原則として法定通貨で固定された通貨は、資金決済法に基づいて仮想通貨のカテゴリーに分類されない
・ステーブルコインの特徴を考えると、どんな登録が必要か明言することは適切ではない
・一般的には、取引所がステーブルコインを発行する場合、資金決済法に基づく「プリペイド支払手段の発行者」または「送金サービスプロバイダ」として登録する必要がある
・送金サービスの事業が100万円以下の取引なら資金決済法による事業者として登録が必要。100万円を超える場合は銀行法に基づく許可が必要

■出典:Bitcoin.com
https://news.bitcoin.com/japanese-regulator-stablecoins-cryptocurrencies/

つまり、日本でステーブルコインを普及させるためには、現状のところ銀行法に基づいた免許が必要ということになります。これではサービスの普及が遅れることは間違いありませんが、コメントを見る限り金融庁もまだ明確に断言できることは少ないものと考えられます。

また、将来性の高さは国も認めているという証拠でもあるでしょう。利便性を考えると今後の普及のために、まず法の整備を待つしかない状況です。

まとめ

もしステーブルコインが普及したら、財布を持たなくてもスマホ一つで支払いができますし、銀行の営業時間外でも送金は自由にできます。割り勘が簡単になったり、財布を無くす心配もありません。

全てが自動であることから手数料も極めて安く抑えられることも想定されますので、今のところ、一刻も早い法整備と普及を待つしかなさそうです。もし普及が進めば、ガラリと変わった私たちの生活が待っているでしょう。そう考えると、今からでも期待が高まりますね。