データベース検索

期間限定キャンペーンも!仮想通貨の無料入手方法10選

期間限定キャンペーンも!仮想通貨の無料入手方法10選

世の中便利になったもので、「働かずして仮想通貨を手に入れられる」なんてことが可能になっています。仮想通貨にあまり詳しくない方には眉唾な話かもしれませんが、実際に仮想通貨ファンは貰えるものは貰っています。しかも、無料で入手できる方法は一つではなく実に様々。

今回は「仮想通貨を無料で入手する方法10選!」と題し、どのような方法があるのか、どんな仮想通貨が貰えるのかをご紹介させていただきます。

口座開設やキャンペーン系

仮想通貨の取引を始めるには、まず取引所の口座開設やアカウント設定等が必要です。しかし、その作業だけで仮想通貨を貰えたり、取引所によって不特定多数の人から仮想通貨を貰うシステムを導入している会社もあります。

口座開設で仮想通貨を無料入手

仮想通貨の売買には口座開設が必要ですが、仮想通貨が貰えるとはどういう事なんでしょう。これは、そう難しいことではありません。

FX口座開設や証券会社の口座開設、ネットバンキングですら口座開設キャンペーンでキャッシュバックがあったりしますが、つまりはそれの仮想通貨版です。貰える仮想通貨はビットコインであることが多く、数千円分のビットコインが貰えるキャンペーンを行っている会社もあります。まだ口座開設していないなら今がチャンスですよ!

Twitterのフォロワーから無料入手

口座開設後にできるのは仮想通貨の売買だけかと思いきや、会社によっては仮想通貨を貰える様々なサービスを展開しています。

最近よく使われるのが「Zaifチップ」と呼ばれる、仮想通貨をプレゼントしたりばら撒く機能です。使う条件は「1.Zaifに口座開設すること」「Twitterアカウント」「ばら撒く人をフォロー」という3つ。

貰えるのは「XEM」「ZAIF」「PEPECASH」「JPYZ」の4つで、やはり一番人気はNEMですね。筆者も試してみましたが、無料で仮想通貨がもらえる上にTwitterの中で仮想通貨の仲間を増やすことができます。

ちょこちょこ貰っているうちに、気付けば数百円、数千円になりますので、お勧めの無料入手方法の一つです。もし可能なら自分でもチップを配布してみましょう。一気にフォロワーが増えるというメリットもありますよ!

AirDropで無料入手

仮想通貨ファンの間で今人気のAirDrop(エアドロップ)。AirDropは、資金調達を目的としたICOと違い、無料でトークンを配ってプロジェクト等の知名度を上げるマーケティングの一つです。つまり、AirDrop参加者は無料でトークンを貰うことができ、数千円から数万円分のトークンが貰えることが多くあります。

その代わり、先着順であったり、プロジェクトなどへの参加(「いいね」を押したり、チャットへの参加など)が必要です。とはいえ、さほど難しい作業は必要としませんので、興味のある方は最新のAirDropを探してみては?

もっと簡単に!しかも無料入手できる仮想通貨

「なーんだ、結局色々やらなきゃいけないのか。めんどくさ……」そんな風に思われた方、実はもっと簡単な方法がありますよ!

ここでご紹介させていただくのは、広告を見たり、動画を視聴したりするだけのもの。中にはクリックするだけで仮想通貨が無料入手できるものも!

動画を見て無料入手

YouTuberが動画を配信する理由。それは、広告収入が得られるからですよね。そんな仕組みを応用しているとも言えるのが、「c0ban(コバン)というサイトです。

c0banでは主に名店のお菓子などの広告動画を配信しており、動画を全部観終わってから表示されるコバンのアイコンをクリックすると、0.00115697RYOを貰う事ができます(筆者が試した限りでは)。1RYOになると千両箱と言う専用取引所に送金して日本円で出金したり、提携サービス等で利用ができます。

計算してみたのですが、動画は大体20~25秒1RYOにするには864回の視聴が必要であり、1RYO にするのに7時間ほどかかります。現在のレートでは1RYO=700~800円ほどを推移していますので、時給150円ほど。

しかし、筆者も実際に試してみたところ、14個ほどの動画を5~6分観ただけで気付けば13円ほど溜まっていましたし、人によっては時給500~600円ほどになったなんて報告もあります。間違いなく一つ言えるのは、ご紹介させていただく無料入手方法の中でもお得感が高いという事ですね。

Faucetで無料入手

次にご紹介させていただくのはFaucet(フォーセット)という、ボタンをクリックするだけで仮想通貨が貰える仕組みです。そんなに簡単だと逆に怪しさを感じますが、心配無用です。

有名なところでは、「Bonus Bitcoin(ボーナスビットコイン)」や「Moon bitcoin(ムーンビットコイン)」というものがありますが、これらはそのサイト自体が広告収入で成り立っているため、アクセス数が稼げればそれでよいのです。つまり、その得られた広告収入があるからこそ、仮想通貨をFaucet参加者に無料で配れるんですね。

Faucet自体は良い仕組みですし、上記に挙げたような信頼性が高いとされるサイトもありますが、中には何か怪しげなサイトも存在しますので、利用される際は個人情報を出し過ぎないことや使うメールアドレスもフリーアドレスなどにした方が良いでしょう。

NEMのハーベストで無料入手

じゃあ、動画を観たり、クリックすら嫌だという方には方法はないのでしょうか。

「当たり前だ!働かざる者…!」なんて声も聞こえてきそうですが、実はNEMの「ハーベスト」ならそれが可能です。

技術的な詳しい仕組みは省略しますが、NEMには、保有量や取引量などで決まるアカウントの優先度を基に、報酬が得ることができるPOI(Proof of Importance)という仕組みが備わっています。これがハーベストです。

つまり、一定量(一般的には10000XEMが最低必要量の目安)のNEMを保有してウォレットに入れ、各設定等をしておくと、まるで利子が付くかのようにNEMが貰えるのです。

保有量や取引量による優先度とお伝えしたとおり、最低量をウォレットに入れて放置しているだけでは貰えるNEMも微々たるものですが、本当の意味で楽をしたいなら、ハーベストは一つの選択肢と言えますね。

その他の無料入手方法

さて、ここまで仮想通貨を無料で入手する方法をご紹介させていただきましたが、せっかくなら何かやってるうちに溜まる「ついで系」の方法があったらいいですよね。そこで最後に、「おっ!いつの間にか溜まってる!」と思えるような積極的に貰いに行く方法などをご紹介させていただきます。

ゲームで無料入手

仮想通貨が貰えるゲームというものが、実は割と多く存在します。ゲーム好きの人にはオススメですね。

有名なところだと「Saru Tobi」というゲーム。単純に画面上のサルをぐるぐる回して遠くに飛ばすというだけのゲームですが、飛ばした先に浮いているバナナやコインに当たればゲットできます。

その中でもコインが重要。3コイン溜まるとビットコインとして送金できるのです。しかし、3時間で十数円しか稼げないという方が多く、稼ぐというより、ゲームのついでに貰えると考えたほうが良いかもしれません。

また、「BitHunters(ビットハンター)」というRPGゲームのローンチが予定されています。こちらもまた、ゲーム内で得られるトークンをビットコイン等に変えられるようですが、その他にも今後も仮想通貨が貰えるゲームは増えるでしょうから、要チェックですね。

仮想通貨を貸して無料入手

そういえば仮想通貨って、NEMのハーベストやマイニング以外で利殖らしい方法をあまり耳にしませんよね?でも実は、仮想通貨を貸して利息分の仮想通貨を貰うというサービスがあるんです。

日本の取引所bitbankでは、年率5%という高利率の貸仮想通貨サービスを提供しており、しばらく寝かせる予定の仮想通貨があるなら、貸してしまったほうが良いかもしれません。ただし、現在はまだビットコインのみで、1年間という貸出期間は引き出しできませんので注意が必要です。

掲示板に書き込んで無料入手

もう一つ、「Ask Mona(アスクモナ)」もご紹介させていただきます。「Monacoin(モナコイン)」という2ちゃんねる発祥と言われる仮想通貨を貰える掲示板なのですが、当初は質問や相談に答えることでMonacoinが貰える仕組みにするはずそうなです。

しかし、良い意味で今では2ちゃんねると似たような状況になっています。役に立たない情報でも目を引く書き込みにはMonaが送られてきたり、時にはMonaの投げ合いなんてイベントもあり、悩み相談に乗って良い回答ができればMonaが貰えることもあります。日頃からインターネット上のコミュニティに参加している人にはオススメですね。

番外編〜仮想通貨乞食〜

最後にご紹介させていただくのは、ここまでご紹介させていただいた中でも最も単純で簡単な方法です。それは、乞食と言われる「仮想通貨くれ!」とお願いすること。受け取り用のアドレスを公開してお願いするだけですから単純明快。

ただ、乞食と言われているとおり、あまり良くは見てもらえませんし、物乞い行為は軽犯罪法に引っかかってしまいます。そもそも「くれ!」と言って「くれる人」が現れる可能性は低いため、自分という人間をいかに信用してもらうかが大事ですね。

そんな事を言ってしまうと詐欺を推奨しているようですが、あくまで一つの無料入手方法としてお考え下さい。大々的に行えるものではありませんが、「こんな活動やってるので寄付を!」という名目であれば問題ないでしょう。

まとめ

仮想通貨を無料入手する方法なんてあるの?と疑問に思っていた方、「意外とあるなぁ…」なんて思われましたでしょうか?昭和や平成初期の世代には考え付かなかったものばかりで、世の中の変化を感じると共に、ますます仮想通貨に対する利便性や将来性に魅力を感じますよね。

世間は、高騰だ暴落だと仮想通貨の価格の上げ下げに目を向けがちですが、色々なサービスに触れてみると、自分でもできそうなアイディアが湧いてくるかもしれません。今回ご紹介させていただいたサービスはもちろん、他にも面白そうなサービスがあったら、詐欺やウイルスに気を付けつつも積極的に使ってみることをお勧めします!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで